人にも住まいにも優しい外張断熱

木造住宅の断熱工法には、大きく分けて充填断熱工法と外張断熱工法の2種類の断熱工法があります。

充填断熱工法は、柱の間にグラスウールなどの繊維系の断熱材を詰め込んだり、吹き込んだりする方法です。外張断熱工法は、柱・垂木・基礎の外側にボード状の断熱材を貼り付ける断熱方法です。

 

外張断熱工法では、柱の外側に断熱材があるため、柱および壁体内の温度も室内と同じになります。

一方、充填断熱工法の場合、柱など構造躯体は外気に直接接しているため、外気温に近い温度になります。壁体内断熱材の中の温度勾配がはっきり出ており、水蒸気が侵入すると内部結露が発生しカビなどの原因になり、断熱性能もダウンし、さらには構造躯体にダメージを与えることもあります。

 

イデアの外張断熱工法

外張断熱工法と言っても、実は様々です。イデアでは構造躯体の全てを断熱材で包み込む、魔法瓶のような工法を採用しています。

基礎や屋根も外断熱にすることにより、快適な小屋裏空間や床下空間を有効利用することも可能です。

また、断熱材の種類もさまざまですが、イデアは、国産ボード系断熱材で最も性能のよいアキレス社製キューワンボードを採用しています。さらに現在は、充填断熱を併用し、2重断熱を施し地域No.1の断熱気密性能を目指しています。外張断熱といっても、その断熱材の種類・性能はさまざまです。せっかく、こだわる外張断熱ならば妥協なき選択をしましょう。

屋根の外張断熱

 

ヒートショック

ヒートショックとは、急激な温度変化により人体が受ける影響のことです。冬期間、暖房の効いた暖かい部屋から、暖房のない廊下やトイレなどに行くことで体温が低下し、血圧が変化、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす危険があります。特に高齢者に多く、ヒートショックで亡くなられる方は、年間1万人を超えます。

そこで注目されているのが温度のバリアフリー化です。外張断熱工法は、熱容量が大きいため、温まりにくいという弱点があります。しかし、反面冷めにくいという長所があります。したがって、24時間全館全室暖房と相性の良い断熱工法が、外張断熱工法なのです。